本当に中学生でもできるものなのか

本当に中学生でもできるものなのか

時代の変化とは、時には非常に恐ろしいような感覚を起こさせてくれたりもします。

恐ろしいと言うのは、本当にブルブル震えるような恐ろしさや怖さとかではなく、感心するというプラスの意味で捉えていただければ良いでしょうが、何れにしましても技術の進化はとても早いという事が言えるのではないでしょうか。

一昔前でもそれ以前からの進歩はあり、その事に対して感心をしていた時代もありました。

その当時はパソコンが普及してきた時代で、各ご家庭においてパソコンを使ってプログラムが作れる事、そしてその作ったプログラムでコンピュータが作業してくれる事なんかがとても魅力的でした。

そこから家庭用ゲーム機の発売、そしてその性能が時代と共にどんどん高度化して行く事にも驚きを隠せませんでした。

最近では携帯電話の普及が考えられます。

更にiphoneアプリ開発も自分でできるような時代になってきており、更にこのiphoneアプリ開発が中学生でもできてしまうような時代ともなっている事は、とても驚くべき事であると考えられるでしょう。

昔のプログラミングは今ではアプリ開発に相当します。

その昔、と言いましても今から考えますと約30年程前の話になりますでしょうか、その当時は世間でとても話題になっていたような事がありましたが、それはパーソナルコンピュータの発売がなされていたという事に相当します。

今でこそこのようなもの、略してパソコンと言いますが、各ご家庭に殆ど必ずと言っていいほど1台はあるのではないでしょうか。

しかしその当時はパソコンがあるご家庭の方が珍しい感じでした。

iPhoneアプリ開発

そのパソコンの利用方法も今とは全くことなるようなものであり、当時は特にユーザーが自分でプログラムを作り上げる事を目標として使われていました。

現代ではそのような使われ方をする事が殆ど無くなってきましたが、それに代わってiphoneアプリ開発のような事は普及してきている事が考えられます。

このiphoneアプリ開発が当時で言うプログラミングと同じような事をしていると考えられており、どちら共が機械に命令を与えて、その命令の流れによって作動させると目的を達成するような仕組みになっている事が共通点となります。